インフルエンザが治ったら、幼稚園・保育園・学校はいつから?会社は?



Sponsored Link

お子さんがインフルエンザに感染したけれど、ようやく熱が下がって、元気もでてきた!ひと安心ですね。
「まだ少し咳は出ているけれど、そろそろ保育園に行ってもいいかな?」

しかし、インフルエンザは非常に感染力の強い感染症。学校保健安全法という法律により、感染した場合の出席停止期間が定められています。出席停止期間をよく確認して、お子様の体調をしっかり整えることはもちろん、周囲への感染拡大を予防に十分配慮するようにしましょう。

一体、いつから登園・通学してもいいの?

幼児と小学生以上では定められている日数が異なります。
大人は法律での定めはありませんが、感染拡大を予防する意味ではできるだけ子どもの出席停止期間にならうようにしたいですね。

また、以下の点にも注意して下さい。
インフルエンザは「発症して○日目、かつ 解熱して○日目」という条件をクリアすると登園・通学が可能になります。ここで重要なのが正しい日数のカウントの仕方。
まちがえやすいのが、発症した日、解熱した日は日数のカウントに含まないという点です

日数の数え方→発症した日(発熱が始まった日)、解熱した日は日数に含みません。
つまり、発症した日は0日目とカウント。その翌日が発症第1日目。同じように解熱した日も0日目とカウント。
その翌日が解熱1日目となります。

幼稚園児・保育園児、小学生~大学生、専門学校生、社会人と分けてまとめてみましたので、確認してみて下さい。

幼稚園児・保育園児の出席停止期間

解熱後3日経過し、かつ、発症後5日経過するまで

幼児は①免疫機能が未熟であること、②ウイルスが体内から排出されるまでに時間がかかること、③保育園は学級閉鎖ができないことから長めに設定されています。

小学生~大学生の出席停止期間

解熱後2日経過し、かつ、発症後5日経過するまで

大学生の場合は、インフルエンザによる欠席は通常の欠席ではなく、「出席停止」の扱いになることが多いようです。
診断書が必要なケースもありますので、あらかじめ大学の規定を確認しておきましょう。

専門学校(高等専門学校を除く)の出席停止期間

学校保健安全法は適用されません。法律による定めがないため、各学校が独自にインフルエンザの際の出席について規定を定めていることがあります。あらかじめ学校の規定を確認しておきましょう。

社会人

インフルエンザに感染した場合の出勤停止期間についての法律での定めはありません。
会社が独自で規定を定めていることもありますので、一度確認しておきましょう。
自己判断ということになりますが、インフルエンザは非常に感染力の強い疾患です。

お仕事の関係上、長くお休みできないということもあると思いますが、感染拡大してしまった場合の周囲への影響を考え、『学校保健安全法』の基準を参考に、なるべく療養期間をしっかり取るようにしたいですね。

《『学校保健安全法』に定められている出席停止期間の改正理由》

インフルエンザの出席停止期間について定められている、『学校保健安全法』
実は、平成24年に改正され、出席停止期間についても変更がされています。(上に記載した出席停止期間は改正後のものです。)

なぜ、出席停止期間が変更されたのでしょうか?
近年登場した、抗インフルエンザウイルス薬(タミフル・リレンザ・イナビルなど)の存在がその大きな要因となっています。
抗インフルエンザウイルス薬を服用することでウイルスが体内に残ったままの状態でも解熱することが多く、「解熱後2日経過するまで」という解熱のみを基準にした出席停止期間では感染拡大のリスクが高いとの見方が強くなりました。

そして、インフルエンザを発症後、5日間経過するとウイルスの排出量はある程度収まるとの研究報告を踏まえ、「解熱後2日(幼児にあっては3日)を経過し、かつ、発症後5日を経過するまで」に改正されたという経緯があります。

たとえ早い段階で解熱しても、ウイルスがまだ体内に残っている!!ということですから、「発症後5日間経過するまで」という点も必ずクリアしてから通園・通学するようにしましょう

《登園・登校するために、診断書や許可証は必要?》

登園・登校を再開するために、診断書や登校許可証は基本的には必要ありません。
しかし、幼稚園・保育園、学校によっては提出を求められる場合があります。
インフルエンザで欠席することを連絡した際に、必要な書類があるかどうかも合わせて確認しておくようにしましょう。

《家族がインフルエンザに感染した場合は登園・登校を控えるべき?》

家族がインフルエンザに感染した場合は、たとえ現時点で症状が現れていなくても感染している可能性があります
法律上の定めはありませんが、周囲への感染拡大を予防するために登園・登校は控える方向で検討しましょう。

《インフルエンザが治ってから登園・登校・出勤する際に気をつけたいポイント》

インフルエンザは解熱しても、咳、のどの痛み、鼻水などの「呼吸器症状」が続くことがあります。
咳や鼻水により、体内に残っているインフルエンザウイルスが排出され、感染が拡大する可能性があります。

ですから、咳、のどの痛み、鼻水などの「呼吸器症状」がある場合は
周囲へのエチケットとして
必ず「マスク!!をするようにしましょう!!!」

マスクの着用は、ウイルスの拡散を防ぐことだけでなく、口腔内の湿度を上げることができるので咳を抑える効果もあります
周囲への配慮、そしてご自身の回復のためにもマスクをするようにしましょう。

同じ理由で乾燥は禁物です。
加湿器を使用し湿度を50~60%に保つ、なければ濡れタオルを近くに干すだけでも効果があるそうです。
こまめな水分補給でのどを潤すようにしましょう。

《まとめ》

兎にも角にも、インフルエンザの症状が落ち着いてきてホッとひと安心ですね。
しかし、この”治りかけ”の対応が大切です。ご自身のお身体のためにも、周囲の方に感染を拡げないためにも、定められた期間をしっかり休養しましょう。
咳が出ている場合はマスクを必ず着用しましょう!


ランキングぽちっとよろしくお願いします!更新の励みになりますm(_ _)m

ブログランキング・にほんブログ村へ          



Sponsored Link