インフルエンザ、家族内感染を防ぐ!予防のために揃えておくべきアイテム



Sponsored Link

インフルエンザの流行が心配な季節になってきましたね。インフルエンザは「感染症」の一つで、非常に感染力の強い病気です。普通の風邪と同じように考えてはいけません。
もしも、家族の誰かがインフルエンザになってしまったら・・・。家族みんながインフルエンザ!なんて事態も決して珍しくないのです。家族の中で感染が拡大してしまわないように、適切な対策をとるようにしましょう。

ところで、皆さんは家族内でインフルエンザの感染拡大をさせないための用意を事前にされていますか?インフルエンザは突然高熱が出て発症、そのときにはすでにたくさんのウイルスが体内に増殖していて、周りに感染させやすい状況です。家族の誰かが「インフルエンザに感染した!」とわかってから必要な物を慌てて買いに行くのでは、タイミングが遅れてしまいます。いざというときのために、あらかじめ準備しておきましょう
今回はインフルエンザの家族内感染を防ぐために、準備しておくべきアイテムについてご紹介します。

インフルエンザの感染経路
ところで、インフルエンザはどのようにして、人から人へと感染していくのでしょうか?まずはその感染経路についてお伝えします。
主な感染経路は、①飛沫(ひまつ)感染と②接触感染の2つです。

■インフルエンザウイルスにはどんな経路で感染するの?

1. 飛沫(ひまつ)感染

飛沫感染とは、インフルエンザウイルスに感染している人が咳やくしゃみをして、唾液や鼻水を周囲に飛び散らせることで周囲に感染することです。
この飛沫感染がインフルエンザウイルスを拡散する最大の原因です。

1回のくしゃみで200万個、1回の咳で10万個のウイルスが飛び散り、半径約1.5メートル以内の距離にいる人の鼻や口から侵入します
目の粘膜からウイルスが侵入することもごくまれにあるそうです。

街中、教室、オフィス、電車の中などを想像してみるとたくさんの人がこの半径1.5メートル範囲の中に含まれますね。
その中のインフルエンザウイルスに感染した一人がくしゃみをすると、あなたにウイルスの侵入、感染の可能性がある、ということです。

2. 接触感染

接触感染とはインフルエンザウイルスに感染した人が触れたものに後から触れることでウイルスが付着し、その手で物を食べたり、鼻や口に触れることでウイルスが体内に侵入して感染することです。

飛沫感染ほどは感染の割合としては多くありませんが、注意が必要です。

インフルエンザといえば、咳やくしゃみでうつる、というイメージが一般的だと思いますが、触れたものからも感染するんですね
食事の時以外にも、人は無意識に口元に手をやっていることが多いといわれているので、こまめな手洗いが肝心ですね。

感染拡大させない!予防のための必須アイテム

①加湿器

インフルエンザウイルスは、気温20℃以下、湿度20%以下を好みます。冬に流行するのはこのためですね。反対に高温多湿な環境下では、ほとんど活動できません!!えっ!?!?ほとんど活動できない!?これって衝撃の事実ですよね。

ですから、
室温:20~25℃
湿度:50~70% (※40%以下にならないようにしましょう。)
をキープすることが推奨されています。

あんなに感染力が強いウイルスなのに、室温と湿度を気をつければ、活動力が低下するんですね!
なので加湿器は是非、用意しておきましょう
そして、インフルエンザを発症した患者さんは隔離して、他の家族が過ごす部屋とはちがう部屋にすることが望ましいとされています。その場合、患者さんの部屋と他の家族が過ごす部屋とそれぞれで加湿した方がいいと思うので、最低でも加湿器は一家に2つは用意しておきたいですね。加湿はインフルエンザだけでなく、他の感染症にも有効な場合が多いです。最近では簡易でリーズナブルなものも多く販売されているので、お家にない方は検討されてみてはいかがでしょうか。

ちなみに、加湿器がない場合は濡れタオルや洗濯物を室内で干しておくのもおすすめです。それだけでも室内の湿度が上がります。タオルや洗濯物をかける場所がないときは、カーテンに霧吹きでシュッシュッと水をかけてみてもいいですね。

②温湿計

先ほど、室温と湿度を管理することの重要性をお伝えしましたが、どうやって管理したらいいのでしょうか?まさかの体感!?室温はある程度はわかるかもしれませんが、湿度って「今何パーセント?」と聞かれても、なかなか数字で思い浮かばないですよね。

管理するためには、温湿計を室内に設置する方法がいいと思います。もちろん、高性能の加湿器の場合は具体的な湿度の設定が可能なものもありますが、使用していない時に思いのほか湿度が下がっていることもあると思うので、湿温計をパッと目に付きやすいところに置いておくといいですね。リーズナブルなものでは、1000円切るようなお値段のものもあります。

③アルコール消毒液

インフルエンザにはアルコール消毒が有効です。もちろん、水を使った手洗いは、ウイルスを洗い流すことができるので基本中の基本ですが、1日に手洗いする回数には限度がありますよね。そんな時には手指に使うアルコール除菌のジェルやスプレーがおすすめです。
洗面所に手を洗いに行くことに比べると、手軽にシュッと消毒できて便利です!そして何より、患者さんご自身にも使ってもらいやすいことがメリット。隔離している部屋からトイレや洗面所など、外に出ることもありますから、部屋から出る前に消毒してもらうようにすれば、接触感染の予防に効果的です。

また接触感染の場合、ウイルスが物体の上で生存できるのは8時間以内だそうです。みんなが使うドアノブや電気のスイッチなど、消毒液を浸した布で拭くと効果があります。
患者さんと同じタオルを使うことも避けましょう。患者さん用の予備のタオルが何枚かあるといいですね。

④経口補水液、スポーツドリンク

用意されていますか?私は娘が急に高熱を出した時に自宅に用意がなくて、夫に会社帰りに買ってきてもらうように頼みました。が、こういうときのために事前に用意しておけばよかったと思いました。
発熱はからだがウイルスや最近と戦っている証拠。最終的には汗をたくさんかいて解熱します。水分が不足していると汗をかくことができずに熱がからだにこもってしまいます。大量に汗をかくので水分が奪われ、脱水症状も心配ですね。こまめに水分を取るようにしましょう。

経口補水液やスポーツドリンクは水分だけでなく、電解質(塩分の主成分である塩化ナトリウムやカリウム)、糖分もバランスよく含まれており、失った体液をすばやく吸収・維持することができます。粉末を水に溶かして飲むタイプのものも販売されており、日持ちもしますし常時ストックしておくようにしましょう。糖分も含まれているので、食事をとりにくい時のカロリー摂取にもおすすめです。
また、子どもには大人用のスポーツドリンクだと濃度が濃過ぎて、反対に脱水症状を起こす可能性があります。子どもには子ども用のものを飲ませるようにしましょう。近所のお店で売っていないことが多いので、子ども用のものこそ急な発熱のために備えておきましょう!!

ちなみに経口補水液は自宅で作ることもできます。
★経口補水液の作り方★
【材料】
水 1リットル
砂糖 大さじ4
塩 4g(小さじ半分強)

お湯を沸かし、砂糖と塩を混ぜてできあがり!レモン汁を入れると飲みやすくなり、ビタミンCも摂取できるのでおすすめです。

⑤ふたつきゴミ箱、ビニール袋

患者さんが使ったティッシュに触れたり、鼻水に含まれていたウイルスが乾燥して、ふわふわ空気に浮いて感染することがあります。ティッシュはビニール袋をセットした、ふたつきのゴミ箱に入れ、一定量になったらゴミ箱から出し、ビニール袋の口をしっかりと結んで処分するようにしましょう。

⑥マスク

感染を防ぐために必要です。看病する人ももちろんつけるべきですが、患者さんにつけてもらうことの方が予防の面では有効です。インフルエンザの最も主となる感染経路は飛沫感染。咳をする度にウイルスがはなたれるので、マスクの着用で最小限にとどめるようにしましょう。また、つらい喉の痛みはマスクをして口腔内の湿度を上げることでやわらぎます。

まとめ

家族の誰かがインフルエンザになると患者さんのことが心配になって、他の家族にうつらないようにする予防対策が後回しになりがちですね。
いざという時に慌てないように、家族全員でダウンしてしまわないように、今のうちから準備しておきましょう。
「インフルエンザは突然に!!」ですよ。←古い?
★しつこいようですが、インフルエンザの予防は室温と湿度の管理がキモです!!室温20~25℃、湿度50~70%をしっかりとキープしましょう


ランキングぽちっとよろしくお願いします!更新の励みになりますm(_ _)m

ブログランキング・にほんブログ村へ          



Sponsored Link