ネットで出会って結婚した実話①これって成功?失敗?3年目の真実



Sponsored Link

■私たち、ネットで出会って結婚しました。3年目の今、思うこと。

私は、婚活サイト(ネット)で知り合った夫と3年前に結婚しました。現在は子どもにも恵まれ、専業主婦をしています。平凡ですが幸せな生活を送っています。
夫は真面目で穏やか。悟りをひらいたような?人で、年齢は2歳年上なだけですが、わたしより精神面がずっと大人です。
いっしょに過ごす時間を重ねるごとに「この人と結婚して本当によかった」と思う気持ちが増していく、そんな日々です。もちろん、この結婚は大成功です。

この運命の出会いをくれた婚活サイトについてですが、利用してみるかどうか検討している人は多少なりとも不安を感じていらっしゃるのではないかと思います。
わたしとしてはおすすめなのですが、自分の時のことをふり返れば、登録する時は少し抵抗がありました。
どんなふうにするのかわからないし、ましてやネットでやり取りするなんて。”出会い系”なんじゃ・・・。ほんとにちゃんとした人に出会えるの?という不安がありました。

ですが、結論から言わせていただくと・・・。
婚活サイトは『上手に利用すればとても合理的』です。
夢は描くべからず。合理的だから利用してみようくらいの心持ちで試してみるといいと思います。

運命の人に出会えたのだから、「最高!!」とか言えばいいのですが・・・笑
もちろん最高なんだけれど、”あくまで婚活サイトは出会いのきっかけだった”という位置づけであります。

婚活サイトを利用したからといって、運命の人に必ず出会えるとは限らないし、横のつながりのない出会いなだけに変な人に出会う危険性もあるし・・・。色んな可能性を秘めていますよね。

では一体何が合理的なのかというと、一番は『出会いの分母が効率的に増やせる』ということです。

以下で詳しくお伝えしていきます。

 

■仕事が忙しい、合コンは疲れる、一から関係を築くのが面倒を解決!!~わたしの場合~

わたしがネット婚活をしてみよう、と思ったのは友達が実際に利用しているという話を聞いたからでした。
よく聞く名前の会社が主催していたので、変なサイトではないだろうということと、友達の体験談を聞いて安心し、気軽な気持ちではじめてみました。
登録する時に自分で写真を撮ったり、プロフィールを書いたりするのはちょっと恥ずかしかったですが・・・。

あの時の自分に「よく勇気を出して行動したね!!」とほめてやりたい気分です。

当時のわたしは女性ばかりの職場で働いていました。本当は、学生時代の彼氏と結婚とか、職場結婚に憧れていましたが、自分の現状を考えると望みは限りなく薄い。男友達が多いタイプではないし、交友関係が広いわけでもないし・・・。
でも、結婚願望はある。

合コンや婚活パーティーに行ったこともありましたが、、、合コンは知らない人と何時間も話すのが疲れる・・・。
帰ってきたら「あーー疲れた・・・」ですよ。もう当分行きたくない。
しかもだいたい3対3とか少人数なので、その3人の中に「いいな」と思う人がいて、しかも相手も自分を「いいな」と思ってくれる確率って少ないですよね・・・。
あと何回「疲れた」とプライベートな時間を浪費すれば、運命の人に出会えるのか・・・。うーん、効率悪い。

婚活パーティーは一度きりでしたが、その感想は「とにかくせわしなかった!」。1対1で話せる時間は2~3分ほどで、次々巡るので、人見知りなわたしは「やっと話せそうかな?」と思った時点で「交代でーす!」

もう誰が誰で、誰とどんな話をしたのか整理が追いつきません。
そして、最後に「この中でもう少しお話したい人を決めてください」って用紙をもらって、お互いが指名していればカップル?成立なんですが・・・。
「決められません~~」って叫びたかったですね。
(これはこれで、始めから会って話せるのがメリットですよね。ネット婚活とちがって「会ってみたらイメージとちがう!」とはならない。)

という経緯があったので、友達からネット婚活の話を聞いた時にまず思ったのが、「なんて合理的なシステムなんだ!」ということでした。

■ネット婚活が合理的って??まずはメリットについて

わたしの思う、婚活サイトが合理的ポイントは次の6つです。

(1)出会いの数が豊富
(2)メールでのやり取りを通じて、人柄をじっくり確認できる
(3)忙しくても時間を有効に使える
(4)出会いにつながらなくても、勉強になる
(5)あらかじめ結婚に対する条件を確認できる
(6)結婚願望がある人に出会える

(1)出会いの数が豊富

これは言わずもがなですね。登録している人数がすごくたくさん。
合コンに行って、この3人の男性の中から運命の人を選びましょうと言われても難しいですが、登録している人数が膨大なのでこの中ならきっといるはず!さがそう!と思えます。

彼氏がほしい、結婚がしたい、と思った時にできる努力といえば、自分磨きやら理想のタイプを分析するやら色々ありますが、わたしは何だかんだ言ってこの「出会いの数、すなわち分母を増やす」ということが一番大切だと思います。

ストライクゾーンがどれくらい広いかは人によって違いますが、ひとつだけ言えるのは狭い人も広い人も運命の人は1人だけ(と信じたい)。
1/○なんですよね。
ということは、狭い人だって分母の数を増やせば運命の1人に出会える可能性はどんどん高くなります。

どうかな、こうかなと不安になるのはやめて、とりあえずどんな人がいるかな、くらいの気持ちでどんどん出会いの場を広げましょう。
彼氏が欲しいという友人にネット婚活の話をするのですが、「自然な出会いがいい!」という意見も多いです。もちろん、それがやっぱり素敵ですよね~~。憧れる。
けどまあ、ほんとに出会えるかどうかはまだわからないし、『物は試し』くらいでやってみてもいいのにな~・・・と思うけどなかなかそこまでは言えません。

ただ、わたしは夫と出会えて本当によかったし、夫以外の人との結婚生活は考えられないと思っているので、今となっては相手が夫なのであれば、出会うための手段は自然の出会いでも、合コンでも婚活でも何でもよかったなーという心境です。出会えればいいのです。

(2)メールでのやり取りを通じて人柄をじっくり確認できる

これはネット婚活ならではかもしれませんが、会うかどうかを決める前にメールのやり取りができます。
文章に人柄ってあらわれますよね。相手の言っていることに対して「あ、わかる」とか「あ、いいな」と思えたり、
こちらが言ったことに対する、相手の返事に「話が合いそう」と思えたり。

反対に、ここで合わないな~と感じたらフェードアウトしたっていいわけです。
知り合いの紹介とかだと、この辺りでしこりを残しかねませんが、そういう心配も無用です。(もちろん相手に対するマナーは必要ですが)

わたしは夫とメールのやり取りをしていた頃、「お仕事忙しそうですね」と話をふったら「忙しいけれど、色んな人と話ができるのでおもしろくもあります。」という返事が返ってきて、すてきだな、と思いました。
ですが、ここで注意点が。次のページに詳しく書きますが、口だけ上手い(メールのやり取りだけ上手い)って人もいますから、100%鵜呑みにしないようにしましょう。

(3)忙しくても時間を有効に使える

このメリットも大きかったです。当時のわたしは仕事が忙しく、平日はアフターファイブなんてありませんでした。はっきり言って土日は家でゆっくりしたいし、仲のいい友達と会ったりすることに時間を使いたい。

それなのに・・・。わざわざ気を使う合コンや婚活パーティーに行くのはしんどい。
行動を起こさないと始まらないっていうことはわかっているんだけど・・・。気持ちがついていかない・・・。
しかも、かんばしくない結果が続く。

でも、婚活サイトならサイト上のメールでのやり取りだったら、平日の夜に返事を返して、次の日は相手が返事をくれて、みたいな感じなのでものの5分しかかかりませんでしたし、楽しみな時間でした。
そして、何度もやりとりをするうちに「この人に会ってみたい」という気持ちが強くなり、いざ会う約束をした時には「せっかくの休日なのに!!」とはみじんも思いませんでした。
すごく緊張しましたが。

(4)出会いにつながらなくても、勉強になる

これも興味深かった点です!わたしは男友達が少なかったし、つき合った人の人数もそんなに多くなかったし、身近な男性と言えば父と従兄弟くらい。
第一、知り合いと「結婚相手に求める条件は?」とか「あなたのPRポイントは?」なんて話できませんし、もっと言えば「年収はどれくらいですか?」なんて絶対聞けないじゃないですか!

でも、ネット婚活のサイトでは、色んな人のページが見れます。個性が出る出る。「男の人ってこういうことを考えているのか~」とか「ちょっとプライド高そう?」なんて思いながら読むのが勉強になりました。
そして、年収。わたしは年収に関しては現実的で、あまり夢を描かずに今の同世代はこれくらいと思っていたのですが、ネット婚活をはじめて確信に至りました。世は不景気なのだ。
「結婚相手の年収は少なくとも600万は欲しい」と友達が言っていましたが、このずらっと並んだ年収リストを見たら、同世代で600万以上の収入がある人はほんとに一握りの人なんだなっていうことがわかる感じでした。
婚活サイトにもよると思いますが、わたしが当時利用した婚活サイトでは、ある程度のステップまで進んでお互いの了承があった場合、年収が公開されるシステムでした。もちろん、自分の年収もオープン。

(5)あらかじめ、結婚に対する要望を確認できる

これもいいですよね。あ、さっきからいいですよねばっかり言ってる・・・。
いやいや、だって、おつき合いをはじめていざ、結婚を考える段階になって、お互いが結婚生活に求めることがちがう!!となったら困るじゃないですか。

自分は仕事を続けたいのに、相手は家庭を守って欲しいとか、
自分はずっと2人で家庭を築いていきたいのに、相手はいずれは両親と同居したいとか、
自分は子どもが3人欲しいのに、相手は1人も欲しくないとか。

そういうすり合わせをはじめにできる、というのは大きなメリットですね。
もちろん、愛さえあれば乗り越えていけるのかもしれませんが・・・。譲れないところもあるのも確かなので。

(6)結婚願望がある人に出会える

どんなにいい人で、どんなに相性がよくても、将来結婚の意思がない人は嫌でした。
子どもも欲しかったし、結婚に焦るのは嫌だったので、20代半ばに差しかかった時点で『結婚前提でおつき合いできる人』をさがしていました。

男の人は今が楽しいからまだまだ結婚はしたくない、自由にしていたいって人も多いですよね。
婚約して半年後に挙式を控えている知人が「執行猶予はあと半年。」と言っているのを聞いて、「えー、新婚生活が待ってるのに!?」とさみしく思ったものでした。(照れ隠しだったのでしょうが。)

彼女はほしいけど、結婚はまだまだ考えられない。もしくは一生したくないって人も多い。
そんな考えの人とこの貴重な時期を過ごしたくない!!というのが私の考えでした。

でも、もし自然な出会いでつき合い出した彼だったら・・・「結婚願望ある?」って聞くのはなかなか勇気がいりますよね。
相手に結婚の意思がないと知っても、好きになってからだとひきずりそうだし・・・。
お互いに結婚前提であれば、おつき合いが上手くいくと「そろそろ結婚」って話に自然となりやすい、とんとん拍子に進むかもしれません。

 

 

■ネット婚活に潜む危険!!に要注意

ここまでネット婚活のメリットについて書き連ねてきましたが、デメリットもしっかりチェックしてください。
何と言っても、ネットでの出会いは横のつながりがないことが怖い。

自然な出会いであれば、共通の知人がいることが多いと思いますが、ネットでの出会いはそうではありません。
(自然な出会いでも、ドラマに出てくる「ハンカチ落としましたよ」だったら知りませんが・・・←ひと昔前??)

始めからだまそうとしたり、いい加減な気持ちで近づいてくる人もいるわけです。
私の知り合いは婚活パーティーで出会った男性とはじめてのデートであることをしていて、「えーーーそれって・・・。危ないんじゃ・・・。」と思ったことがありました。

次のページへ続きます。


ランキングぽちっとよろしくお願いします!更新の励みになりますm(_ _)m

ブログランキング・にほんブログ村へ          



Sponsored Link